フィットネス&ボディケア 【フォービー】

フィットネス&ボディケア 【フォービー】
小田原駅から歩いて通える本格フィットネスクラブ

Home » フォービー日誌 » カラダは正直でした・・・。
チーフインストラクター田島裕子のフォービー日誌
2010年12月11日

カラダは正直でした・・・。

昨日の日記、なぜか公開されていませんでしたので続けての更新になります。
お付き合いいただければ幸いです・・・。


昨日お伝えした「気づき」の話、きっかけは偶然でした。
実家の近くに日帰り温泉ができたので、軽い気持ちで行ったのが先月。
きまぐれで指圧を受けてみました。
担当の方は顔は怖いけどすごく上手で、今まで受けた様々な施術とは翌日がぜんぜん違いました。


そして今回は指名して80分みっちりやってもらったのですが・・・。
体の動きがぜんぜん違いました!!


よくよく話を聞くとその方、元々格闘チームのチームトレーナーをしていて、かなりの猛者たちを相手にしてきたそうなのですが、私がインストラクターだと伝えたうえでの言葉が「こんなに筋肉が強い人には久々に出会った」とのこと。


これ、褒められた訳ではないんです。
「運動の種類が決まっているから、そこで使う筋肉はもう疲れきっている」「この筋肉のハリや凝りで運動していることが奇跡」とのこと。


「私、結構動けるほうだと思うんですけど・・・」と恐る恐る聞いてみると、「その運動に動きやすいように癖づいてるだけですよ!」とばっさり。
「外の筋肉は強くなってアンバランスなのを、体幹がすごく働いてバランスを取っているだけです!」とも・・・。


ちなみに、「カラダは1枚の皮でつながっているんだなあ」と実感できたのが、ふくらはぎの筋肉をほぐしてもらった途端に肩周りがすごくあたたかくなったこと。
「血が通ってる」って感じました。


そして驚いたのが昨日のエアロ40と今日のファイトアタックPRO。
昨日はお伝えしたように動きがすごく大きくなって大汗でした。
そして今日は一言で言うと「筋肉のサポーターがなくなったから大変!」です。
参加してくださった方は気づかれたかもしれませんが、今日の私、ちょっとフラフラしていました。
今まで何も考えなくても簡単にできたバランス系の形やキックが、一生懸命やらないとできないんです。
運動していても、カラダが刺激として感じなければあまり効果がないんだなというのを身をもって実感しました。
このチャンスにもう一度カラダをきちんと使えるようにしたいなあと思います。


皆さんのカラダにも「気づき」があるよう、まだまだ研究していきたいと思います!

コメントをどうぞ

CAPTCHA