Home » フォービー日誌 » 偶然?必然?
チーフインストラクター田島裕子のフォービー日誌
2011年10月22日

偶然?必然?

今月は何かとクラブ外での業務が多く、レッスンの代行やパーソナルのクローズが続き申し訳ありません。
その分いる日には、パワー120%で皆さまとの時間を過ごしたいと思いますのでよろしくお願いします!


さて、質問です。
皆さまにとって、「頑張るぞ!」とやる気が出るのはどんな時でしょう?
逆に、「今日は行きたくないな~・・・」「今日は頑張れないな~・・・」という気分になるのはどんな時でしょう?
これが長い目で見ると「運動を継続するか否か」という話になるのですが・・・。


以前にも「健康の3要素のうち『栄養』『睡眠』は摂らなければ生きていけないが、『運動』だけは行わなくてもすぐにどうこうなるわけではないから、なかなか即行動に方が増えない」というお話を書いたことがありますが、運動しようと思っても「やる気スイッチ」を探すのが難しいという方もいらっしゃるかと思います。


本格的なその「モチベーションを維持する技術」「継続するための技術」については山ほど本が出ているので、ここで何を書いても受け売りになってしまうのですが、最近感じるのは「必要なことは自分の目の前に勝手に現れる」のではないかなぁということです。


たとえば私自身の話ですが、「この人に会うと必ず嫌な思いをする」という人が2人ほどいます(会員さんじゃないですよ!)。
でも、そのうちの1人とは数ヶ月に1度必ず顔を合わせなければならなくて、会う度に凹むのですが、ある時から「『この人多分私のこと嫌いなんだな~』はおいといて、この人に会って『なにくそ!』と思うからガッツが生まれるのなら、私のために神様がこの人にそれをさせているんだな・・・」と思うようになりました(おめでたすぎますかね・・・)
そう感じてからは、その人に対する思いは「私のモチベーター(やる気スイッチ)」として感謝に変わりましたし、よくよく考えてみるとその人の行動によって気づかされることは甘えだったり驕りだったり、その時の自分が一刻も早く改善しないといけない内容ピンポイントなことが多いので、この「数か月に1度会わないといけない」というのは偶然のようで必然なのかなと・・・。


ちょっと長い例えでしたが、もしかしたらフォービーの皆さまにとっても「ご家族ご友人との何かしら胸の痛い出来事」というのは、「やる気スイッチ」を入れるための最善の時期かもしれませんよ!
そんな風に思ったらちょっと毎日楽しいかな、なんて思った秋の1日でした。


さて、スタッフの話が2点。
まずは先日私が紛らわしかったのがいけないのですが、「男前なT田IR」は男性です。高田さんじゃないです!!
そして尾形IRのBEATに出て私は彼に言いました。
「もっとはじけろ!無難にやろうなんて考えるな!!」と。
乞うご期待です★

コメントをどうぞ

CAPTCHA