Home » フォービー日誌 » 運動神経とは。
チーフインストラクター田島裕子のフォービー日誌
2011年10月08日

運動神経とは。

今日はカラッとしていて「走ろう会」日和でした!
涼しくなったからか、久々の方が戻ってきてくださったり、初めての方が挑戦してくださったりして嬉しい限りです!!
レッスンがガラッと変わった土曜日、「ボディメイクサーキット」だけでなく「ファイトアタックPRO」にも皆さん戻ってきてください~(泣)


さて、またテレビネタですが、先日「運動神経悪い芸人」というバラエティ番組がありましたがご覧になった方いらっしゃいますか?
面白く見せるために多少の誇張はあったかもしれませんが、それにしてもひどかったです・・・。
私も決して、俗に言う「運動神経がよい」部類ではないですが、あんなにひどくはないです。
身の回りには確かにいましたが・・・。


ただ、「運動神経がいい(悪い)」というのは厳密には間違いでして、正しくは「運動神経の伝達能力が高い(低い)」または「運動神経に対する感受性が良い(悪い)」となります。
どういうことかというと、おおざっぱに言うと「脳からの動けという指令を筋肉に送っている」のが『運動神経』なのですが、俗に言う「運動神経の良い人」は思い通りによりたくさんの筋肉を動かすことができる(=様になる)のですが、「運動神経の悪い人は」は限られた筋肉しか使えない(=様にならない)のです。


でも「ああ、私は後者だわ」という方も、諦めるのはまだ早いです!
最初は思い通りに動かなくても、「動け動け」と指令を送り続け、また筋肉を訓練し続ければ十分たくさんの筋肉を思い通りに動かすことができる(=「運動能力」の高い状態)のです!


皆さん、フォービーに入ったばかりのころを思い出してみてください・・・。
十分進化してますよね~!!
大切なのは「諦めない心」、そして「地道な反復運動」です。
一緒に磨いていきましょう★

コメント / トラックバック1件

  1. 寿々凜 より:

    今日、初めてボディメイクサーキットに出ました。
    意外と難しくって、大変でした。
    かなり最後の腹筋がきつかったです。
    田島さんのに出られて良かったです。
    私は、バランスボールの方が好きです。
    話が変わります。

    昨日はk先生のエアロファンとs先生のヨガと田島先生のスッテプZEROと高田先生ボディコアバランスと高田先生のシェイプパンプ30に出ました。
    ボディコアバランスの後のシェイプパンプで片足になる時にいつもより長く出来ていた事に気づきました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA